ホワイトニング 今、話題のホワイトニング!これをよんで明日からホワイトアップ!

ホワイトニング

はじめに

清潔で白い歯は毎日の歯磨きだけで保つことは難しいものです。皆さんはいつの間にか歯が変色していることに気づくことありませんか?歯は、着色や変色することがよくあるのです。しかし、ホワイトニングという専用ジェルによって白くするシステムで、歯科医指導の下で、ご家庭でも安全にお手入れができるようになっています。これから就職活動する学生さんや、人前に立ち外見が重要な営業やサービス接客業の方、これから婚活予定の方、結婚式前のカップルなどにもお役立ちいただけると思います。

ホワイトニングは昔は芸能人とかセレブとかのイメージがあったのですが、今は、どこの歯科にいってもみかける手法になってきました。言葉からすると、歯をクリーニングして、漂白すると思い浮かべるかもしれませんが、調べてみると正確にはそうではないようなのです。    

原因

まず、歯が変色してしまう原因から見てみましょう。 歯の変色は、黄ばみ、青、黒などいろいろな色があります。 また、原因も外側だけではなく、内側からの原因もあるのです。

外側要因

外側からには、食べ物や飲食、嗜好物の影響があります。 コーヒーなどの色がついた飲料、ミートソースなどの色が強い食べ物、喫煙や、薬などがの色素が歯に沈着するタイプの原因です。

内側余韻

内側からには、年齢的な影響の原因があります。 象牙質という黄色い層があるのですが、若いうちは、個々の部分の色が白いのですが、年々濃く、歯が黄色くなるのです。
ホワイトニング元気爽快
対策

こういった変色原因にはどういった対応をすればよいのでしょうか?
歯磨き粉よく思い浮かべるのは、歯磨き粉でしょう。 でも、歯磨き粉ではこれ以上に、ホワイトニング効果は見込めません。 なぜなら、歯磨き粉では、歯の表面に付着したヤニなどを落とすことによって歯が白くなるので、 歯本来の色以上に白くするのは難しいのです。 また、歯磨き粉の中にある研磨剤は歯の表面の変色したものや歯垢を取り除いてくれますが、粒子が粗い研磨剤だと必要以上に歯の表面を削りとってしまい、歯を傷つけたりする危険性があります。ホワイトニングそこでホワイトニングの出番なのですが、ホワイトニングは、歯の本来持っている白さ以上に白く、さながら芸能人のような歯にしたいときに行うのがホワイトニングなのです。 一昔前のように歯を削ることではなく、クリーニングのように歯の表面を機械的に磨いて、着色物質を除去するのではないのです ホワイトニングは歯の色調改善を行うのです。 別の言い方を言えば、歯はエナメル質、象牙質、歯髄から構成されますが、その中のエナメル質にある色調を変化させるのです。 本来、エナメル質はほとんどが無色透明です。しかし、成分には、一部有機成分が含まれています。歯の色が変わるのは、有機成分が変色することが大きいのです。 ホワイトニングはそのエナメル質内の微細な有機成分を分解して無色の物質とすることで色を目立たなくするのです ホワイトニングで、使用する薬剤に、過酸化水素があり、熱や光に反応してフリーラジカルというものを発生させ、着色の原因となる有機質を分解するのです。
ホワイトニング

写真をみれば、一目瞭然なのですが、 例えば、初期の状態によって、レベルがあるみたいですね。
F1は、淡い黄色、褐色、灰色で歯冠全体が一様に着色されていて、 縞模様が見られないもの
F2は、第1度よりもく歯冠全体が一様に着色されていて、 縞模様が見られないもの
F3は、濃い灰色、青昧がかった灰色で縞模様を伴うもの
F4は、着色が強く、縞模様の著明なもの

といろいろな状態があるわけですが、ホワイトニングを行うと上記の画像をご覧いただけると理解できるのですが、上の画像(ホワイトニング前)から、下の画像(ホワイトニング後)へ変化するわけです。

ホワイトニングの種類

主に、歯科医で施術する、オフィスホワイトニングと、自宅で行う、ホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニング

現在、歯科医院で導入されている、ホワイトニングのことを呼び、海外で開発されたシステムを使用しているものが多いです。

ホームホワイトニング

歯科医の処方箋に基づき、マウスピースを作成し、自宅で行うものです。 薬剤を注入し一定時間歯に装着してホワイトニングを行います。

ホワイトニングシステムの流れ

1 先生よりホワイトニングの説明を聞きます。
2 歯石除去と清掃を行います。
3 マウストレー製作のため歯型をとります。
4 自宅でのホワイトニングを実施します。
5 経過観察します。

効果

オフィスホワイトニングなら30分から1時間を何回か行い半年位効果が持続します。ホームホワイトニングなら2週間から3週間かかり1年位効果が持続します。 簡単に言えば、オフィスは、効果は早いのですが、戻りも早い気がします。ホームは、時間がかかりますが、持続性もあるのです。

ただ、ホームはご自宅で、1回2時間程度行うので、それだけの時間が取れる人はよいのですが、時間もない人には、オフィスのほうが良いかもしれません。また、ホームホワイトングは、知覚過敏をもたらすことがあるので、それらも含めて、医師と相談するとか、2時間を1時間で切り上げることも行われているそうです。

おすすめプラン

オフィスホワイトニングで短期で白くしながら、ご自宅でホームホワイトニングをしていただいて、ある程度白くなったら、ホームホワイトニングのみに移行するのです。そして、効果を長続きさせるために、先ほど述べた外的な要因をやめればよいですね。タバコ、コーヒーやウーロン茶、ミートソース、スープカレーも禁止です。これらは、おすすめですので、自らお考えになって決めてください。

どうでしたか? ホワイトニングって、こんなに白くなるものなのですね。 ただ、コストもかかるのも事実ですね。外見が重要なケース、あるいは、勝負をかけるケースなら、コストも安いこともあるかもしれません。 施策前の状態によって、口元マイナス10歳も行くかもしれません。 ここで紹介させていただいた製品は、こちらにもあります。 ぜひ、ご覧になってください。

オフィスホワイトニング
ホームホワイトニング

こちらのオフィスホワイトニングは高いホワイトニング効果と低刺激性をもった製品です。
オフィスホワイトニング

こちらのホームホワイトニングは注入時にタレづらく、歯面へ均等にぬれる、使いやすい製品です。
オフィスホワイトニング

そういえば、歯科医で購入するよりも安いサイトがありました。

このお店は こちらです。ホームホワイトニングの商品を扱っております。

こちらも歯科医で直接購入するのに比べ割安な商品です。
ホワイトニング 元気爽快 本店

約3千円ですね。 歯科医の半額で購入できるみたいです。 これくらいなら、初めてみようって人はいると思います。 白い歯、目指してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>